【アンケート】女子力を高めるために努力していること-Part1

 

一言で「女子力を高める」といっても、その方法にはいろいろな種類があります。そこで今回は女子力を高めようと努力した人にどんなことをしたのか、アンケートしてみました。


女子力を高めるためのダイエットをしています

女性であればやはりダイエットを意識している人は多いと思います。私も太りやすい体質なのもあって毎日がダイエットと言う感じですが、ただガリガリとかヒョロヒョロにならないように気を付けています。

 

具体的には、筋トレも取り入れてメリハリのある体型を目指しています!モデルさんのようにただ細いのではなく、出ているところは出ていて、締まっているところは締まっている…という体型のほうが魅力的だと思うんですよね。

 

それにはやはりウエスト周りを引き締めてくびれを作るのが大事だと思っています。なので、腹筋などお腹周りを鍛える筋トレは毎日欠かさず行っていますね!ちなみに普通の腹筋だとくびれは出来ないんです。くびれを作るにはお腹の横の筋肉を使う筋トレをしないといけません。

 

私が色々と調べて実践した中で最も効果を感じたのは、バイシクルクランチと言う腹筋。自転車をこぐようにしながら足を胸に引き寄せながら、ウエストをひねるようにして持ち上げる…というものです。これがかなりキツイ!でも、くびれを作る効果としてはかなり大きいです。

 

あとは、バストアップの為に腕立て伏せや、ヒップの引き締めの為に脚上げ体操なども行っています。毎日の生活の中で無理なく取り入れるのが継続させるコツです!

 

(30歳女性/広島県)

女子力の高いしぐさに気をつけてます

私が普段心がけていることの一つに、普段のしぐさでガサツに見えないように気を付ける…というものがあります。トータルでは、「何かをするときにバサっと乱暴にしない、そっと優しくする」という点を気を付けています。

 

例えばスーパーで袋詰めが終わって買い物かごを戻す時、ガシャン!と放り投げるように置く人ってすごく多いんですよね。綺麗にしている人がそういう置き方をしていると、すごくガサツな人なんだろうなぁ?と思って幻滅してしまいます。なので、私はそっと優しく置くようにしています。

 

これはとにかく何にでも言えること。ドアを閉める時も乱暴にバン!と締めずに周りを見てからそっと閉める、コップなどをテーブルに置くときにそっと置く…など。

 

あとは姿勢ですね。椅子に座っているときに足を開いたりしないのは当然ですが、パンツスタイルの時もきちんと足をそろえて斜めに流すようにして座るようにしています。意外に座り方が汚い人って多いような気がするので…。テーブルの下の足を見て残念!と言う感じにならないように気を付けていますね。

 

また、猫背になっていると貧乏っぽく見えるので、背筋もピッと伸ばすように心がけています。姿勢を良くすると背中にぜい肉もつきにくくなるので良いですよ。

 

(28歳女性/千葉県)

スタイル改革で女子力を高めています

私が他の女性を見た時に女子力の高さを感じるのは、見た目によるところが大きいです。おしとやかな仕草や言葉遣いにも女子力を感じますが、やはり、スタイルや髪型、服装など一目瞭然なものに有無を言わせぬ女子力を見出だすのです。

 

というわけで、私が取り組んでいる女子力アップ法はスタイル改革です。外せないのは何と言ってもバストアップ。…ですが、元が元なため(Bカップでした)限界があります。

 

とは言え、育乳ブラや「おっぱい体操」の甲斐あってBカップよりは大きくはなりました。でも、女子力を感じさせるほど魅力的な豊かなバストにはほど遠いかな…。

 

もう1つ力を入れているのがクビレからのキュッと引き締まったヒップのラインです。これは元の痩せ型体型(貧相体型とも言う)を生かせるのでやりがいがあります。腰が薄っぺらい女性には同性ながらドキッとさせられます。

 

その可憐さにプラスしてクビレと適度な腰の張りがあると大人の女性っぽい女子力を感じるので、それが目標です。これにはスクワットが効果的なのです。

 

骨盤の歪みが整って腰骨の上に綺麗に肉が付きますし、ヒップアップ効果もあり、正面から見ても横から見てもなだらかなラインができている「女子力ボディ」に近づいてきたと思います。

 

(32歳女性/東京都)